Gifu University Institutional Repository

HOME    mypage        Japanese    library    university    Feedback

岐阜大学機関リポジトリ >
Research Centers >
University Bulletin - Research Centers >
Bulletin of the International Student Center Gifu University >
2001 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004246562.pdf659KbAdobe PDFView/Open

Title :日本語の「教育リズム」に関する先行研究の比較
Title alternative :Comparison of Researches on Japanese Rhythm for a Teaching Method
Authors :橋本, 慎吾
Issue Date :Mar-2002
citation :岐阜大学留学生センター紀要 = Bulletin of the International Student Center Gifu University
AA11584135
2001
107
116
Abstract :日本語学習者が苦手とする特殊モーラの発音教育に「リズム」が用いられることがある。これを他のリズムと区別するため,「教育リズム」と呼ぶことにする。この教育リズムについて,関連する先行研究主要7つを比較検討し,今後研究を進める上で議論すべき問題を提示する。検討内容は,(1)意味分拍と音数分拍(2)まとまり感のある形態の取り扱い(3)音響分析における「区間」の扱い(4)リズムの類型,の4点である。また和田(1998)などが示す,2つの普通モーラをひとまとまりにすることに対する反証についても検討した。教育リズムに関しては,語レベルを超えるより大きなレベルにおける分析を行なうことによって,日本語のリズムとの関係を捉えることができると考えられる。
Type Local :紀要論文
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12099/3374
Appears in Collections:2001