Gifu University Institutional Repository

HOME    mypage        Japanese    library    university    Feedback

岐阜大学機関リポジトリ >
Research Centers >
University Bulletin - Research Centers >
Bulletin of the International Student Center Gifu University >
2004 >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00004246642.pdf741KbAdobe PDFView/Open

Title :トキ節の時間的な特徴についての一考察(紀要編)
Title alternative :A Study of the Characteristic of Tense in the Subordinate Clause Using TOKI
Authors :加藤, 由紀子
Issue Date :Mar-2005
citation :岐阜大学留学生センター紀要 = Bulletin of the International Student Center Gifu University
AA11584135
2004
11
21
Abstract :従属節の中には、時間を表すトキ節がある。本稿では、意志的な動作動詞を述語として持つトキ節の複文のうち、一般的なトキ節の規則に従わないように見える文に注目して、どのような条件下でそのような文が成立するのかを観察した。はじめに、トキ節の動詞として、移動動詞の「行く」「来る」を中心に取り上げた。ここでは、トキ節が相対的テンスを取らず絶対的テンスになる場合、主節の動詞がトキ節の動詞の形をコントロールする場合、助詞がトキ節の動詞の形を限定する場合、主節の動詞の種類によってトキ節が意味する時間が異なってくる場合について考察した。次に、意志的な動作動詞「作る」「着る」を取り上げた。ここでは、動詞のアスペクト的意味を考えた分類で同じグループに入っている動詞が、トキ節の中で同じ形をとる場合でも、時間的意味が異なってくるケースに注目して、動詞の意味・特徴との関係からその原因を考察した。
Type Local :紀要論文
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12099/3419
Appears in Collections:2004